10月4日投資の日、六本木で自己投資により自分の価値をより高められるイベント、Project WOMEN remix!に参加しました。

 

10月4日の夜は、「Project WOMEN remix!」に参加してきました。 https://www.unilever.co.jp/news/news-and-features/2017/ProjectWOMEN-2017-Oct.html

 

今回で3回目のようですが、私は初参加。 尊敬する島田 由香 さんが注力されているイベントなのできっと得るものがあると思っていましたが、その期待を上回る気づきがありました。

島田由香さんのご挨拶のあと、早速パネルダイアローグが始まりました。

パネルダイアローグのスピーカー4名の方は皆さん、複数選択肢があった場合には、いばらの道・より険しい道・変化率の高い・難しい方を選ばれ、そこを乗り越えて、成功され、前進されてきている点で共通していました。チャレンジの途中、挫折も修羅場もありながら、支援があったり、共感を得られたりもする。 今回のようなイベントでいろんな方のお話を聞けることで「刺激」を受ける。 その「刺激」を「気づき」に変えられるか、さらに「気づき」を「行動」に変えられるか。「刺激」をうけても、実際に行動に移せる人は10パーセントほどしかいないそうです。 自分を信じて自分に投資する。

森本千賀子 さんのお祖母様の森本カメさんの「自信と信念には裏付けはいらない」というお言葉にもとても勇気付けられました。 寝る前には嫌なことを考えない。良いことを考えてから寝るほうが、脳科学的にも良いそうです。 千賀子さんのおっしゃっていた「ウキウキ  ワクワク  ルンルンするほうに行く」や西村 創一朗 さんのおっしゃっていた「発信したり、話してみると、意外と道が開ける」というお話、今私自身もそうするようにしていることなので、引き続き継続しようと思いました。 (途中、西村さんの子供の頃のお話で、涙が出そうなところもありましたが、そこを乗り越えて来られているということを知ることができたのは、良かったです。これまで西村さんと言えば、朝渋などでの明るいイメージが強かったのですが、そういったことも乗り越えてきたからこそなのかもしれないな、と感じました。)

パネル後の分科会は、ワーク&ライフのグループでした。同じグループの方々も、みんなどこかもやもやしながらも、行動に移している方ばかりでした。グループのリーダーの志水 静香 さんや高倉さんからも、心強いアドバイスをいくつもいただきました。日本人はシリアスに考えすぎの傾向があるけれど、真面目に考えすぎすに、ワクワクドキドキするほうに進んだり、時には立ち位置を変えてみる。自分の好きなほう、関心のあるほうに向かううちに、向かうところが見えてくる。チャンスは降ってくるというよりも、自分でとっていくもの。普段から周りの人たちとの人間関係を良好に保っていると、自分のところにやりたい仕事がまわってきたりする。人とのつながりも大切で、人と話すことで頭が整理されることも多い、など。 分科会の各グループのシェアの後、島田由香さんによるまとめ。 「とにかく行動に移す。とにかくやってみる! 好きか、嫌いか、やるか、やらないか、これらの掛け合わせで決まる。」

ということで、今日から小さいながらも一歩踏み出します!  未来を見据えて、少しずつでも前に進もうと思います。

次回は来年の3月8日の13時からだそうです。